ホーム

先輩社員紹介

未来の新商品も、今の一歩から
塗料は塗るだけでは意味がない
素材と塗料の相性を調べるから未来もひろがる

Q1. 入社の決め手は何でしたか?

ものづくりに携わりたいという気持ちが強く、初めからメーカー志望でした。その中で、会社説明会などで、塗料は髪の毛程の0.1mmにも満たない厚さに色々な要素を詰め込むと聞き、非常に興味を惹かれました。ちょうど、私が就職活動をしているときに話題となった東京スカイツリーや東京ゲートブリッジ等、誰もが知っている建造物の塗料を大日本塗料が造ったと聞き、私もそんな大きなものづくりをしたいと思い、入社を決めました。

Q2. 現在の仕事内容を教えてください。

粉体塗料の商品開発及びユーザーフォローを行っております。粉体塗料とはその名の通り、溶剤や水などの溶媒を使用しない粉状の塗料です。粉体塗料は、水道管の内面や配電盤、自動販売機、鋼製家具、外壁材など幅広い分野で使用されています。また、溶剤型の塗料と比べ、成膜時に揮発物が非常に少ないため、環境にやさしい塗料となっています。

Q3. 現在の仕事のどのような点に魅力を感じますか?

塗料の設計に、限界が無いことですかね。これは粉体塗料に限ったことではないのですが、塗料の原料の種類は果てしないので、その組み合わせ次第で様々な効果を得ることが出来ます。塗料を試作するたびに、新しい発見があったり、時には失敗があったり。飽きることが無いですね。日々、楽なことばかりではないですが、充実した仕事が出来ていると感じています。

Q4. 入社してから現在までに経験した、一番の苦労は?

ユーザーのラインでクレームが発生したときですね。急遽、代替品を製造したのですが、その代替品でも異常が見つかってしまって、すごくパニックになりました。クレーム発生原因の探求、代替品の手直しの検討、納期調整などやることが一気に増えて苦労しました。技術だけでは解決できなかったので、製造課や品質管理課等と協力することが不可欠でした。

Q5. そのときの苦労をどのように乗り越えましたか?

とにかく、トライアンドエラーでしたね。クレーム対応はスピードが命ですから、頭で考えるより体を動かしました。クレーム発生原因となりうる可能性を1つずつ潰していき、何とか早急に真の原因を突き止めることが出来ました。ユーザーのラインを止める訳にはいきませんので、とりあえず良品を出荷することを第一に考えました。こういう部分は学生の頃の研究とは大きく違うなと実感しましたね。

Q6. 大日本塗料の一番の魅力とは、何ですか?

会社の仲間たちが皆、フランクなところですかね。大日本塗料では、上司を役職名でなく、「〜さん」と呼ぶ方が多いです。そのため、上司、部下といった隔たりを感じることが少なく、相談事や提案などを気兼ねなく行うことが出来ます。部署が違ってもそれは同じなので、行き詰ったときは、部署の垣根を越えて相談することも気軽に出来ます。そういう所が、優良な商品の開発に活きているのではないかなと感じます。

Q7. 将来、大日本塗料をどのような会社にしたいと考えていますか?

たくさんのお客様の信頼を得られるような会社にしたいですね。大日本塗料に任せていれば大丈夫だ、と言われるくらいに。今はまだ、粉体塗料は国内の限られた分野でしかその領域には至っていないと思います。ゆくゆくは全世界中に大日本塗料の製品が使われるようになって欲しいと願っています。今までの経験と、新しいことにチャレンジする気持ちさえあれば、そう遠くない未来にそうなっていると思います。

プロフィール

名前
岩本 亮多
[いわもと・りょうた]
入社時期
平成25年度
所属部署
塗料事業部門 金属焼付塗料事業部 テクニカルサポートグループ
卒業学部
工学部・応用化学科
趣味
バドミントン

1日のスケジュール

0時00分
朝礼 メール確認
今日やることを確認する。メールをチェックし、業務へ
10時00分
試作品の配合設
過去の配合情報や先輩方の助言のもと、試作配合を決定する。
12時00分
お昼ご飯
社内食堂で昼食。バリエーションが豊富で、とてもおいしい。
13時00分
練合 製造立会い
午前中に引き続き、塗料の練合作業。粉体塗料作成には時間が掛かり、完成は後日。突発業務。製造課より連絡が入り、塗膜の仕上がり外観、色、艶など異常が無いか確認する。
17時00分
本日のまとめ
本日の業務のまとめをし、翌日の計画を立てる。退勤前にメールを確認。
19時00分
飲み会
先輩社員や同僚と飲み会。普段は話せない事や、貴重な経験談などが聞けて、非常に為になる。
22時00分
帰宅
寮に帰り、入浴。大きなお風呂で一日の疲れを癒す。部屋に戻って、自由時間。本を読んだり、ネットをしたり。

休日の過ごし方

会社の同期や大学時代の友人と、小旅行に行ったり、飲みに行ったりしています。大日本塗料は同期同士がとても仲が良いですね。仕事やプライベートの悩みや自慢など様々なことを語り合っています。他には、趣味のバドミントンを近くの社会人チームでやったりもしています。学生の頃に比べ、社会人のほうが金銭面的に余裕ができるので、余暇は充実していると思います。

この画面のTOPへ
DNT