QUESTION01

  • QUESTION01

    どんな学生でしたか?

    平日は大学院で研究し、週末は飲食店のアルバイトに明け暮れていた生活でした。その為、正月を含めて休みの日がほとんど無かったと思います。アルバイト先では調理場を担当していたので、注文に早く対応し、きれいで美味しい料理を提供することを心がけていました。お客様から料理がおいしかったという嬉しいご意見があった経験から、自分が作った商品を形として提供出来る「モノづくり」の仕事をしたいと考えていました。

QUESTION02

DNTに入社した理由は?

大学院で天然物の香料化学を専攻していました。実際に天然の植物等の匂いを嗅ぎ、どんな特性を持つ香りなのかを研究していました。「匂い」の特性は自分の直感も重要で面白い分野だったので、自分の感覚が求められる仕事に携わりたいと考えました。塗料は「色」をデザインするという感覚が求められる分野であり、「モノづくり」ができることにも魅力を感じました。人事の方と話した内容が面白かったのも、実は大きな要因でした。

  • QUESTION03

    現在の仕事内容ややりがいは?

    中国新工場建設のプロジェクトに関わっています。工場全体と生産工場の構想を図面で設計するのですが、どのような生産設備を導入し、生産ラインをどう組めば効率よく、品質に問題ない製品が生産できるかを考案しています。中国独特の法令も遵守した図面設計をすることに多くの課題がありましたが、私を含めてチームで考案した図面が採用され、それが新工場という大きな形になることにやりがいを感じています。中国以外の海外拠点とも連携しており、各拠点の生産課題の改善に繋がるように活動しています。

QUESTION04

印象に残っている仕事は?

入社して4年目にタイへ研修生として赴任した事です。それまでは技術開発部門で塗料開発を中心に行っていましたが、タイでは塗料開発だけではなく、営業やユーザーのラインフォローといった全ての分野を担当しました。赴任当初は通訳の方もおらず、現地スタッフとのコミュニケーションをとることが難しく、仕事をスムーズに進めることができませんでした。ユーザーの新ラインの立ち上げも担当し、ユーザーと協力して新ラインを立ち上げた経験は自分にとっての大きな財産になったと思います。海外ではユーザーの新工場立ち上げ案件が多いため、ラインの立ち上げを最初から体験できるのは海外赴任ならではと思います。

ONE DAY とある1日に密着!

  • 8:00

    出社

  • 8:30

    塗料準備

    粘度調整、ろ過。

  • 9:00

    塗装準備

    自動塗装機の条件設定。

  • 12:00

    塗板作成

    自動塗装機にて塗装。

  • 13:00

    塗板の外観評価

    不具合の有無、膜厚、色味の確認。

  • 15:00

    打ち合わせ

  • 16:30

    デスクワーク

    メールチェック。

  • 18:00

    退社

    この日は18時まで1時間残業。

  • GOAL MESSAGE

    目標やメッセージ

    DNTのいいところは、入社年数に関係なく大きなテーマを任せてもらえるところです。私はユーザー対応の塗料事業部門から生産部門に配属されて、すぐに中国新工場建設の大きなプロジェクトを担当させていただき、仕事のやりがいは十二分にあると感じています。新しい分野では分からないことだらけですが、周りの先輩方からしっかりアドバイスを頂けます。経験がなくても若い力を信じてくれ、フォローもしっかりしているので、働きやすい環境であると思います。

  • LIFE DAY OFF

    オフの日の過ごし方

    子供がまだ小さいので、一緒に公園に行ったりして遊ぶことが多いです。名古屋に東山動植物園という大きなテーマパークがあるので、子供と遊びに行っています。タイに赴任していた時はよくゴルフをしていたので、日本に帰任してからも仲の良い同僚や先輩方とラウンドを回って楽しんでいます。