ホーム

先輩社員紹介

努力は市場に花咲かす
関わった商品を売り場で眼にする喜び
身近な実感がやりがいにつながる

Q1. 入社の決め手は何でしたか?

大学院で光化学を専攻していました。「光」と「色」は密接に関係するものなので、自分の経験が生かせるのではないかと考えました。また、塗料は建築物や各種製品の一番外側に塗装されるものなので、自分の携わった塗料が塗装された建築物や製品を実際に見ることが出来るというのは、技術者として魅力的だと感じました。

Q2. 現在の仕事内容を教えてください。

建築塗料テクニカルサポートグループでユーザーフォローを主に行っています。建築塗料とは、戸建て住宅やマンション、ビルなどの現地塗装を対象とした分野であり、日本全国の塗装業者やゼネコンなどがお客様となります。ユーザーフォロー業務は、お客様からの問い合わせの対応や塗布後のサポート業務はもちろんのこと、現場の調査やお客様にセミナーを通じて塗料の使い方を提案するなど実験室から外に出る活動も多くあります。

Q3. 現在の仕事のどのような点に魅力を感じますか?

建築塗料は様々な部材や環境にて塗装されることから、塗料について幅広い知識や経験が求められます。多種多様な塗料の評価を行ったり、全国の様々な場所で調査を行ったりと経験できることが多いのが魅力です。最近では地上から40mの高さのビルでの塗膜調査を行いました。怖さもありましたが、普段では立ち入れない場所での仕事で貴重な経験になりました。

Q4. 入社してから現在までに経験した、一番の苦労は?

私は2年前に建材用塗料の技術開発部門から現部署に異動してきたのですが、異動した当初が一番苦労しました。新たな分野の塗料のことなので営業やユーザーからの問い合わせには上手く回答できず相手を困らせてしまうこともありましたし、身の回りの環境もわからないことばかりだったので仕事をスムーズに進めることができずとても大変でした。


Q5. そのときの苦労をどのように乗り越えましたか?

まずは新入社員になったつもりで恥ずかしがらずに周りの人にたくさん質問しました。また、先輩社員にバックアップしてもらいながら、できるだけ多くの仕事に携わらせてもらったおかげでまだまだ未熟ではありますが2年前の自分と比べると知識や経験はかなり得られたのではないかと思います。


Q6. 大日本塗料の一番の魅力とは、何ですか?

一番の魅力は、若手でも重要な仕事に携わらせてもらえることです。私の場合、入社直後にも関わらず、重要な商品開発プロジェクトのメンバーの末端に加えて頂き、そこでは塗料の耐久性を上げる新商品のテーマの立ち上がりから商品化までを体験することができました。また、先輩や上司には始めてのことばかりで何も分からなかった私を根気強く指導してもらい、相談し易い雰囲気を作ってもらいました。気さくで人間味溢れる人が多いのもこの会社の魅力の一つです。

Q7. 将来、大日本塗料をどのような会社にしたいと考えていますか?

顧客満足度が高い塗料メーカーにしたいです。そのためにも、塗装業者やゼネコン等のユーザーが満足する製品を提供出来るよう品質の向上、より良い製品の開発に努めたいと考えています。また、塗料に新たな付加価値を付けていく可能性を模索し、提案していくことも必要だと考えています。

プロフィール

名前
横山 快
[よこやま・かい]
入社時期
平成23年度
所属部署
建築・構造物塗料事業部 建築塗料テクニカルサポートグループ
卒業学部
物質創成化学研究科
趣味
ドライブ、音楽鑑賞

1日のスケジュール

0時00分
塗料作成
検討用の試作塗料を作成
11時00分
塗料性状評価
作成した塗料の性状評価
(粘度、比重)
13時00分
塗装準備
作成した塗料を塗装するための下準備
13時00分
塗板作成
作成した塗料を塗装し塗板を作成
17時00分
デスクワーク
報告書作成、メールチェック
19時00分
帰宅

休日の過ごし方

主にドライブです。私の勤務地は観光地としても有名な栃木県の那須近郊なので、景観の美しい場所などを巡っています。四季に応じて様々な景色が見られるので飽きることはありません。また、何気ない道でも景色が美しかったりするので思いがけずお気に入りの場所ができるのも楽しみの一つです。

この画面のTOPへ
DNT