開放特許

マイクロカプセル水分散液

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
5019351 2012.06.22 2006.04.12 2026.04.12
要約
課題
視認性の良好な電気泳動表示装置を形成し得るマイクロカプセル水分散液を提供すること。
解決手段
カルボニル基を有するエチレン性不飽和単量体(a)と該単量体と共重合可能なその他のエチレン性不飽和単量体(b)との共重合体を含む樹脂組成物(A)をマイクロカプセルの壁物質とするマイクロカプセルと、一分子中に2個以上のヒドラジド基を有する化合物(c)の水溶液(B)とを含む、マイクロカプセル水分散液。

電気泳動表示用マイクロカプセル

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
5019350 2012.06.22 2006.04.12 2026.04.12
要約
課題
微弱な照明光の下や暗所でも視認可能な表示を行うことができる電気泳動表示用マイクロカプセルを提供すること。
解決手段
蛍光染料1~30質量%、電気泳動性粒子5~30質量%及び残余量の非水溶媒を内包している、電気泳動表示用マイクロカプセル。

電気泳動表示用マイクロカプセル

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
5004155 2012.06.01 2006.04.12 2026.04.12
要約
課題
耐光性に優れた電気泳動表示用マイクロカプセルを提供すること。
解決手段
電気泳動表示用マイクロカプセルの壁を、(a)重合性紫外線吸収性単量体及び(b)重合性光安定性単量体の両者もしくはいずれか一方、(c)シクロヘキシル基を有するエチレン性不飽和単量体、及び(d)これらの単量体と共重合可能なその他のエチレン性不飽和単量体の共重合体を含む樹脂組成物で構成する。

メモリー性の良好な電気泳動表示用マイクロカプセル

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4930978 2012.02.24 2006.04.12 2026.04.12
要約
課題
メモリー性に優れた電気泳動表示用マイクロカプセルを提供すること。
解決手段
電気泳動性粒子及び分散媒を内包している電気泳動表示用マイクロカプセルにおいて、マイクロカプセルの壁がグラフトコポリマーで構成されており、グラフトコポリマーの側鎖部分のSP値(溶解度パラメーター値)とマイクロカプセルに内包されている分散媒のSP値との差が-1.5~+1.5(cal/cm3)1/2の範囲内にある、電気泳動表示用マイクロカプセル。

ロウ付け用ニッケル被膜の形成に用いるのに適した粉末組成物、
被膜付きステンレススチール材及び熱交換器

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4534113 2010.06.25 2001.07.06 2021.07.06
要約
課題
ステンレススチール材表面にロウ付け用ニッケル被膜を安価に且つ確実に形成するのに用いるのに適した粉末組成物、該粉末組成物を利用した被膜付きステンレススチール材、及びニッケル被膜付きステンレススチール材を用いて形成されたチューブアンドコルゲーテッドフィンコア型熱交換器の提供。
解決手段
ガラス転移温度30℃~100℃、40℃以下で固体で且つ非粘着性の熱溶融性樹脂と、体積平均粒径40~150μmの金属ニッケル粉末とからなり、金属ニッケル粉末の含有量がPWCで70~95%であり、該混合物が粉末となっている、ステンレススチール材表面へのロウ付け用ニッケル被膜の形成に用いるのに適した粉末組成物、該粉末組成物を利用した被膜付きステンレススチール材、及びニッケル被膜付きステンレススチール材を用いて形成されたチューブアンドコルゲーテッドフィンコア型熱交換器。

亜鉛めっき鋼板用又は亜鉛合金めっき鋼板用水系塗料組成物
及び塗装鋼板

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4042913 2007.11.22 2004.09.08 2024.09.08
要約
課題
クロメート系防錆顔料を使用しなくとも耐食性、加工性に優れた塗膜を与えることができ、特にプレコートメタル用に適した水系塗料組成物及びこの水系塗料組成物を用いて塗装された塗装鋼板を提供すること。
解決手段
水系有機樹脂成分、縮合リン酸カルシウム、トリポリリン酸アルミニウム、金属(クロムを除く)酸素酸塩、及びリン酸又は水溶性リン酸塩、を必須成分とする、亜鉛めっき鋼板用又は亜鉛合金めっき鋼板用水系塗料組成物、並びに亜鉛めっき鋼板又は亜鉛合金めっき鋼板上に上記の水系塗料組成物を塗装して形成された塗膜を有する塗装鋼板。

単分散粒子の製造方法

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4537421 2010.06.25 2007.04.06 2023.03.17
要約
課題
精度よく、単分散粒子を製造する方法を提供する。
解決手段
第2液体が第1液体に対して、O/W(オイルインウォーター)であり、オリフィスプレートを親水性に表面処理してあり、オリフィスを形成するオリフィスプレート面に対する前記第2液体の接触角が、該オリフィスプレート面に対する前記第1液体の接触角より大きく、かつ前記オリフィスプレート面が前記第1液体中に浸漬された状態で、前記第2液体を、該オリフィスから前記第1液体中に吐出する。

単分散粒子の製造方法

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4558428 2010.07.30 2004.09.16 2024.09.16
要約
課題
サテライト粒子の発生を抑制しながら、高い均一性のある単分散粒子を製造する精度よく製造する方法を提供する。
解決手段
連続相としての第1液体中に、前記第1液体と反応し且つ前記第1液体よりも粘度の高い第2液体を、電気熱変換素子を吐出駆動源として有するチャンバーの吐出孔から、液滴で吐出し、前記第1液体中で単分散粒子を製造する。前記第2液体は、該吐出孔が前記第1液体中に浸漬された状態で、該第1液体中に吐出される。

塗料組成物

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
3774386 2006.02.24 2001.08.06 2021.08.06
要約
課題
鋼材に対する密着性や、防食性、耐候性等に優れた塗膜を形成することができる塗料組成物を提供する。
解決手段
成分として、以下成分を配合する。(A)エポキシ基と反応しうるメルカプト基、及びケイ素原子に直接結合している加水分解性基を有する有機ケイ素化合物(a)と、一般式(1)、R1nSi(OR2)4-n〔式中、R1は、炭素数1~8の有機基であり、R2は、炭素数1~5のアルキル基であり、nは1又は2である。〕で示されるオルガノシラン及び/又はその部分加水分解縮合物(b)とを、加水分解縮合反応させてなるメルカプト基を持つオルガノポリシロキサン、及び(B)1分子中に2個以上のエポキシ基を有するエポキシ樹脂。

無公害防錆顔料組成物

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4154439 2008.07.11 2005.03.18 2025.03.18
要約
課題
鉛や、クロムなどの有害な重金属元素、更には、亜鉛や水可溶性のイオンを含まず、かつ防錆性が優れた無公害防錆顔料組成物を提供する。
解決手段
カルシウム成分とリン成分とからなり、かつその両成分中のカルシウムとリンのモル比率(Ca/P=m)が0.50<m<1.00の混合物を、180~350℃で焼成してなる縮合リン酸カルシウムを含む。

防食塗料組成物

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4230983 2008.12.12 2004.11.17 2024.11.17
要約
課題
重金属を含有しない無公害防錆顔料を用い、かつ該顔料を種々のバインダー樹脂に配合しても鉛化合物やクロム酸化合物と同等またはそれ以上の防食性能を発揮する防食塗料組成物を提供する。
解決手段
カルシウム成分とりん成分とからなり、かつその両成分中のカルシウムとりんとの原子比率(Ca/P=m)が0.50<m<1.00である単一物又は混合物を、180~350℃で焼成してなる縮合りん酸カルシウムを含み、重金属を含まない無公害防錆顔料を、バインダー樹脂固形分100質量部に対して前記縮合りん酸カルシウム換算で1~50質量部含有することを特徴とする防食塗料組成物。

意匠性塗膜の形成方法

登録番号 登録日 出願日 権利満了日
4450405 2010.02.05 2002.10.04 2022.10.04
要約
課題
従来にない優れた意匠性塗膜の形成方法を提供する。
解決手段
(1)予め下塗り塗料を塗装した基材表面に該下塗り塗料とは、異なる色調の上塗り塗料を塗装することによって、上塗り塗膜を形成する工程、(2)該上塗り塗膜が乾燥する前に、該上塗り塗膜の表面の一部分、または、該上塗り塗膜の表面の一部分及び該上塗り塗膜の一部分を、表面に凹凸を有する塗装ローラーで掻き取ることによって、掻き取り模様を形成する工程、を有することを特徴とする意匠性塗膜の形成方法。上記(1)の工程、上記(2)の工程に加えて、(3)掻き取り模様が形成された上塗り塗膜の上にクリヤー塗料を塗装する工程、を有することを特徴とする意匠性塗膜の形成方法。