ホーム

先輩社員紹介

成長しやすい雰囲気に感謝!
さまざまな企業・人が関わる現場だからこそ、成長が実感できます。

Q1. 入社の決め手は何でしたか?

自分が売ったり作ったりした商品を色々な場で目にすることができる、つまり社会との関わりを実感できるようなメーカーの営業を希望していました。正直に申し上げて塗料業界のことはまったく知りませんでしたが、説明会やホームページを通じて少しずつ興味を持つようになりました。最終的に入社を決めた理由は、人事部の方の対応がとても親切だったこと。仕事内容や福利なども大切ですが、そういう相性や縁みたいなものも大切だと考えています。

Q2. 現在の仕事内容を教えてください。

工業用塗料の中の焼付塗料を販売する事業所で仕事をしています。まだ配属されて間もなく、お客様を相手に塗料を販売するまでには至りませんが、先輩に同行してお客様を訪問しています。
最近では、新塗料立ち上げのため、お客様の工場へライン塗装の立会いなどにも徐々に行くようになり、塗料のことが分かってきました。現場では色々な問題も起こったりしますが、それも含めてとても勉強になり、充実した日々を送っています。

Q3. 現在の仕事のどのような点に魅力を感じますか?

普段の生活ではなかなか見ることができない工場のラインや製造現場を見たり入ったりできるところに魅力を感じています。とくに大きな工場の塗装ラインを初めて目にしたときは、その大きさと設備に感動しました。工場の規模によってラインの工程や流れもさまざまなので、とても面白いですし勉強になります。

Q4. 入社してから現在までに経験した、一番の苦労は?

お客様の工場でトラブルが発生した際、当社でも支援することになり、丹波の工場まで塗膜を研磨しに行ったときの苦労が今までで一番大きかったように思います。昼から夜の9時頃まで、ただひたすら紙やすりで研磨していました。全部で何十本あったか数えきれない程でした。なにぶん品質の良い塗装ラインで仕上がった製品だけに、あまりにも塗膜が硬くて磨いても磨いてもなかなか削ることができず、まさに骨身に沁みる苦労でした。できれば二度とやりたくない仕事です。

Q5. そのときの苦労をどのように乗り越えましたか?

ちょっとしたことなんですが、どれぐらいの力で磨けばどれだけ削れるのかなどを考慮して動くだけでずいぶん勉強になりましたし、気持ちも楽になりました。また、応援で来てくださった販売店や営業所の方ともコミュニケーションを深めることができたのも乗り越える力になったと思います。この経験で焼付塗料の塗膜がとても硬いということを身をもって学ぶことができましたし、やはりトラブルにならないように細心の注意を払い、お客様のトラブルを防いであげられるような関係づくりを目指すのが必要だと改めて思いました。

Q6. 大日本塗料の一番の魅力とは、何ですか?

当社の一番の魅力は上司や先輩方がとても気さくなところだと思います。職場の雰囲気もとてもよく、仕事がやりやすいのも魅力です。配属直後から馴染みやすいよう雰囲気づくりをして下さった感じがし、とても助けられました。また、色々な企業や人と関わりながら仕事ができるところにも魅力を感じています。テレビなどでよく耳にする企業を相手に商売できるので、責任も大きいですがやりがいをもって仕事ができると思います。

Q7. 将来、大日本塗料をどのような会社にしたいと考えていますか?

もちろん塗料業界ナンバー1の会社にしたいと思っています。売り上げや利益だけでなく、そこで働く人たちの環境や福利厚生、社会貢献などもさらに良くできれば最高です。まだまだ改善すべき点は多々あると思いますが、少しずつでも前進して、もっと世間に知ってもらえるよう自分も努力したいと思っています。

プロフィール

名前
筒井 達也
[つつい・たつや]
入社時期
平成19年度
所属部署
金属焼付塗料事業部
卒業学部
経済学部 経済学科
趣味
バスケットボール、釣り

1日のスケジュール

8時00分
出社
8時00分
スケジュール確認
メールやスケジュールの確認。
販売日報の整理、確認。
見本サンプル依頼。
8時00分
営業準備
見本室に見本サンプルを取りにいく。
8時00分
メーカー、工場へ訪問
サッシメーカーや工場を訪問し、サンプルやカタログ等を届ける。 見本サンプルの色確認等の打ち合わせ。
8時00分
昼食
会社の食堂にて
8時00分
現場立会い
ライン塗装立会い。
仕様の打ち合わせ。
8時00分
帰社
日報等の書類作成。
8時00分
終業

休日の過ごし方

だいたい買いものや釣りなどをして過ごしています。日曜日は体を動かすのが好きなので毎週朝からバスケットボールをして気分をリフレッシュしています。後は仕事に向けて自宅でゆっくりしています。主にサッカーや映画などをみて満喫しています。仕事に集中するためにも何か打ち込める趣味を持っておくのは大切ではないかと思っています。

この画面のTOPへ
DNT