大日本塗料株式会社

証券コード:4611

経営方針

トップメッセージ

株主・投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

さて、当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善を背景に緩やかな回復基調が継続しましたが、米国の政策運営や中東・東アジアにおける地政学的リスク等の懸念材料を受け、依然として先行きは不透明な状況が続いております。

このような状況のもと、当社グループは、今期より新たにスタートした「新中期経営計画」のもと、前中期経営計画において取り組んだ高付加価値路線を中心とする成長戦略を更に発展させ、諸施策に取り組んでまいりました。

この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は365億8千7百万円(前年同四半期比 2.0%増)、営業利益は32億8千9百万円(同 3億2千5百万円増)、経常利益は31億1千9百万円(同 1億9千8百万円増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は24億4千1百万円(同 5億5千7百万円増)と増収増益になりました。

ここまでのところ、売上高、利益面ともに順調に推移しており、通期ベースでも営業利益、経常利益に関しましては5年連続の最高益更新が充分視野に入る状況となっております。

新中期経営計画の初年度である今期は、「前中期経営計画までに高めた財務基盤を生かし、積極投資を進めつつ、持続的かつ収益性のある成長を可能にする事業基盤と商品力を整備・強化する期」と位置付け、新たな高付加価値化へ挑んでまいります。

株主・投資家の皆様におかれましては、今後ともなお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

平成29年11月28日
大日本塗料株式会社 代表取締役社長
岩淺 壽二郎

JPX日経中小型株指数

当社は「JPX日経中小型株指数」に選定されています

現在の株価

最新イベント

最新IR情報