お住まいを守る耐久性

家は一生に一度のお買い物。だからこそ長持ちさせたいですね。
大日本塗料の技術は、長年の実績と各種試験結果に裏打ちされた確かな技術です。
トップコートクリアの性能をコントロールすることにより、長期の耐久性を実現します。

国内自然環境での耐久性試験

『機械のみに頼らず、また、国内自然環境での試験結果じゃないと信頼できない』との信念に基づき、当社では沖縄、北海道、秋田の国内で最も過酷と言える自然環境での試験を必須としています。
自然環境は機械では完全には再現できません。また、日本の自然環境は日本独特のものであり、国外では再現できません。

沖縄曝露場(高温多湿強紫外線)

秋田曝露場(寒冷降雪地区)

材料による耐久性のコントロール

ふっ素、無機、アクリルシリコン等、使用する材料、及びその組み合わせで耐久性(特に耐候性)をコントロールします。

  • ※耐候性:太陽光、風雨、温度変化などに対し、変質や変化を起こし難い性質のことを言う。

沖縄曝露での各材料の耐久性試験結果

光沢保持率 色差⊿E

沖縄の強烈な紫外線、湿度、塩を含んだ海風により、関東地区の3~4倍厳しい環境であることがわかっています。

光沢保持率

外壁の光沢(艶)の経年での変化

100%に近いほど、施工直後の壁の光沢を長期間保持できる。

色差(⊿E(デルタ イー))

外壁の色の経年での変化

ゼロに近いほど、施工直後の壁の色を長期間保持できる。

商品についてのお問い合わせ

運営:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

  • 注目製品特集
  • 塗料の種類
  • DNT物件実績情報