エポティ

エポティ|特価即対応の弱溶剤系防食下地塗料

あらゆる金属素材に強固に付着、塗り分け要らずの弱溶剤系防食下地塗料「エポティ」

~人体と環境に配慮した特化則対応と、人材不足を踏まえて工程短縮を志向したオンリーワン商品~

エポティの特長

エポティは、あらゆる金属素材に付着する、防食性と環境性能を備えた下地剤です

  • 1.マルチ(幅広い下地適性)
    DNT独自の塗膜形成技術により、鉄鋼のみならず亜鉛めっき・ステンレス・アルミニウムなどの各種非鉄金属や、各種旧塗膜にも優れた付着性を発揮します。
    (※非鉄金属は鉄鋼に比べ、活性が高く表面に緻密な酸化皮膜を形成するため、一般的に塗膜が付着しにくい)
    一般的な変性エポキシ樹脂プライマーの付着性

    経年で塗膜の伸縮が繰り返されると、
    塗膜が追従できず割れや剥離が発生してしまう

    エポティの付着性

    塗膜が柔らかく伸縮性に優れるため、
    長期にわたって割れや剥離が発生しにくい

  • 2.長期耐久性
    DNTのコア技術である防食性能も優れており、新設塗装でも塗替え塗装でも素材を長期的に保護します。
    ※強溶剤系の従来製品と比べても、同等以上の防食性を保持しています。
  • 3.環境配慮
    上記2点の優れた性能を"弱溶剤系"塗料で実現しており、臭気影響も小さく、人と環境に優しい塗料です。
    特定化学物質障害予防規則(特化則)にも該当しないため、塗装作業者への健康にも配慮しています。

エポティのご利用シーン

施工管理や塗装作業においてこんな場面でお困りではないでしょうか?

  • 配管と留め具で異なる金属だと、塗り分け工程が増えて面倒だ…
    塗替え時、基材の金属素材が何なのか判別できず、どの塗料を使えばよいか分からない…
    エポティは、溶融亜鉛めっき鋼、電気亜鉛めっき鋼、ステンレス鋼、アルミニウム合金鋼、ガリバリウム鋼、炭素鋼 など様々な素材に対して新設、塗替え問わず優れた付着性を有します。
    金属素材への下地塗料選択で迷ったときは、まずエポティをご検討下さい!
  • 住宅街では強溶剤系塗料を使いにくい。塗装作業者の健康管理も心配だ…
    特化則に対応した弱溶剤系塗料のエポティを使えば、塗装作業時の施工環境を選ばず、健康被害に対するリスクを低減出来ます。
    また、その高い防食性によって建造物のライフサイクルコストの削減にも貢献するので、環境にも経済的にも優しい塗料と言えます。塗装作業時の施工環境を選ばず、健康被害に対するリスク低減を実現します。

こんな所にエポティをお使いください!

一般建築物 一般建築物 プラント設備 鋼製家具、建具  その他 ガードレール、
 遮音壁、非常階段など
一般建築物(鉄骨部分など) プラント設備 鋼製家具、建具

資料ダウンロード

▼エポティに関する各種資料はこちら

▼エポティについてのお問い合わせは、最寄りの当社営業所までお願いいたします。

その他商品についてのお問い合わせ