大日本塗料株式会社建築設計のための塗料選択の手引き
TOP > 現地塗装における一般的禁止事項

気象条件、塗装現場、条件などで、次の項目に該当する場合、塗装を行わないで下さい。

1) 気温が5℃以下の場合。また湿気が凝結しそうな露点との差が3℃以内であるような場合。
気温が低くなると乾燥が極端に悪くなります。また塗料粘度が増し、作業性が悪くなるためシンナーを多く添加するようになるため、結果として塗膜の厚みが薄くなり仕上りにも悪影響を与えることになります。
さらに低温時には一般に被塗物面に水分の残存がある場合が多いので、塗装に悪影響をおよぼすことになります。
日の出2時間後から塗装を開始し、日没の約2時間前に作業を終了し条件が良い状態で乾燥させることが望まれます。
2) 相対湿度が85%以上の場合。
被塗物への水分付着による塗膜の付着性の悪化をまねき、つやびけやブラッシングなどの仕上り不良の原因となりますので、十分注意して下さい。
3) 降雨又は降雪の場合、あるいは塗装開始後、又は塗装終了直後にその恐れのある場合は、塗装を行わないで下さい。
(屋内塗装で湿気が高くない場合は、この限りではありません)
4) 強風又は埃、ゴミの多い場合。
風の強い場合は乾燥の早い塗料では作業性が悪くなります。また、砂塵、塩分などが塗装中又は乾燥中に付着した場合などは塗膜性能の低下や仕上り不良となります。
5) 炎天下などで鉄部など被塗面の温度が高い場合。
特に塗装面に泡が生じる恐れのある場合には、塗装を行わないで下さい。
6) モルタル、コンクリートなどが養生不足の場合。
モルタル、コンクリートなどのセメント系素材は、未乾燥状態ではアルカリ成分が多く、塗膜の付着性や仕上がりに悪影響を与えます。
また塗装直後は上手く仕上がっていても、後日、白化が生じる場合がありますので塗装を行わないで下さい。
一般にコンクリート・モルタルの養生期間はコンクリート20日以上、モルタル15日以上確保し、アルカリ度がpH10.0以下、含水率10%以下になってから塗装して下さい。
7) 屋外での貯蔵は避けて下さい。

塗料の一般的取り扱い注意事項

1) 塗料は化学製品のため、指定された以外に異種・異名の塗料との混合は絶対に行わないで下さい。
2) 塗料の撹拌と混合
塗料は使用する前に必ず十分撹拌し均一な状態にして下さい。
特にエマルションペイント、さび止め塗料は比重の関係で塗料が沈殿しやすい傾向があるため十分に撹拌して下さい。
多液性塗料の場合は硬化剤の混合比に十分注意し、所定の割合で混合し均一な状態になるまで十分に撹拌して下さい。
3) 希釈率、塗り重ね乾燥時間、可使時間などは所定の数値を厳守して下さい。
各所定の数値を厳守されない場合は、塗膜性能を発揮することが出来ません。
4) 開缶は原則として使用する直前に行ない、開缶したものはその日のうちに使用していただくのが望ましいです。
多液性塗料は可使時間に十分ご注意下さい。各塗料の可使時間についてはカタログ・単品説明書などでご確認下さい。
5) さげ缶に小分けする場合は十分に撹拌した均一なものを小分けし使用するさげ缶は塗料別に清浄なものを使用して下さい。
6) 塗装および塗料の混合や撹拌、小分けは換気の良い場所で行ない、必要な場合は機械による強制換気を行って下さい。
またこれらの作業周辺は火気厳禁であることに特に注意して下さい。
7) 塗料容器及び使用中の塗料が入っている容器には、常にフタをするよう心がけて下さい。
8) 塗料・シンナーの保管は承認を受けた危険物倉庫に貯蔵・管理することが必要です。
9) 希釈は指定された希釈剤を使用して下さい。また希釈し過ぎないように注意して下さい。
希釈し過ぎた場合、ダレや隠ペイ不良、仕上がり不良などの原因につながります。
10) 汚れや傷などで塗料が必要な場合がありますので、使用塗料の控えは必ず取っておき、同一塗料、同一方法で補修塗装を行って下さい。
11) 取扱い中は、皮膚に触れないようにし、必要に応じて下記の保護具を着用して下さい。
有機ガス用防毒マスクまたは送気マスク、頭巾、保護めがね、長袖の作業着、えり巻きタオル、保護手袋など。
12) 子供の手の届かないところに保管して下さい。
13) 捨てる時は、産業廃棄物として処分して下さい。
14) 本来の用途以外に使用しないで下さい。
15) 容器は垂直に持ち上げて下さい。斜めに持ち上げると取っ手が外れ、落下事故の原因になります。
   
Copyright(C) DAI NIPPON TORYO CO.,LTD. All rights reserved.